2011年10月16日日曜日

1年間の被ばく線量(個人予測)

2011.10.16 内部被ばく(食べ物)にストロンチウムの試算を入れました。

あくまでも個人の計算ですが、
3~4月にマスクをしたり、これまで空間線量や食物や水からの被ばくを減らす努力をしてきた仙台市の小学生の場合を想定し、年間の被ばく線量を大雑把に見積もりました。

被ばく線量は、医療を除いた、外部被ばくと内部被ばくの和で、
外部被ばくは、大気、大地、宇宙から受けるもので、空間線量から平常時の線量を引いたもの。
内部被ばくは、食物、水、呼吸によるもの。
としました。

■計算方法と結果
①外部被ばく 0.49 mSv/年
空間線量は、東北大学(青葉区)と同じ線量の場所で生活した場合としました。
平常時の線量は、0.04μSv/hで計算しました。
詳細は、ブログ「1年間の空間積算線量(個人予測)」を参照してください。

線量の高い場所にいかなければ、多くの子供は自宅にいる時間が一番長いので、自宅の線量でほぼ外部被ばく量が決まります。ちなみに、私の自宅室内がこの東北大学の屋外とほぼ同じ線量です。

②内部被ばく(食べ物) 0.32 mSv/年
ここの計算はかなり難しいのですが、半ば強引に計算して、
4月~6月の3ヶ月の内部被ばく線量を0.08mSvで見積もりました。
今後どうなるか不透明ですが、年間線量は単純に4倍して、0.32mSv/年としました。
詳細はブログ「食べ物による内部被ばくシミュレーション2」を参照してください。

③内部被ばく(水) 0.04 mSv/年
水道水に含まれる放射能(Bq/kg) × 経口摂取による実効線量係数(Sv/Bq) × 摂取重量(kg/日) × 365日

一例として、子供(2~7才)の場合、
放射性ヨウ素(I-131)が1 (Bq/kg)含まれるものを一日1 (kg)ずつ摂取した場合、
( 1 × 1 × 10^-7 ) × 1 × 365 = 0.04 mSv/年

一例の値は、仙台市水道局 仙南・仙塩広域水道の測定値を参考にさせていただきました。年間一定で計算するのは大雑把すぎるかも知れません。
いずれにしても、空間や食物に比べて、小さいです。

④内部被ばく(呼吸) 0.001 mSv/年
大気浮遊塵中に含まれる放射能(Bq/m^3) × 吸入摂取による実効線量係数(Sv/Bq) × 一日の吸入体積(m^3/日) × 365日

一例として、子供(2~7才)の場合、
放射性ヨウ素(I-131)が0.0006 (Bq/m^3)、放射性セシウム(Cs-134)が0.0034 (Bq/m^3)、放射性セシウム(Cs-137)が0.0031 (Bq/m^3)、含まれるものを毎日8.72 (m^3)ずつ吸入した場合、
( 0.0006 × 37 × 10^-9 + 0.0034 × 7 × 10^-8 + 0.0031 × 4.1 × 10^-8 ) × 8.72 × 365 = 0.001 mSv/年

宮城県では放射能測定していませんので、一例の値は、東京都産業技術研究センターでの測定値(4/29)、呼吸率は国際放射線防護委員会の5才のものを使用させていただきました。
この計算は3~4月に放射性物質が舞っていたときの被ばくを考慮していません。3~4月にマスクをしていればこの計算で大丈夫と思います。その場合、空間や食物に比べて、かなり小さいです。

以上を合計して、
被ばく線量(個人予測): 0.85 mSv/年(子供2~7才の場合)

■結論
仙台では、3~4月にマスクをしたり、これまで空間線量や食物や水からの被ばくを減らす努力をしてきた子供たちは、これからも空間線量と食物からの被ばくに注意をすれば、線量限度(年1ミリシーベルト)以下にできそう、という感触です。
もちろん、今後、放射能汚染がどう変化してゆくか全く不透明ですので、この計算で安心はできません。空間線量が高い場所を避ける、汚染が確認された食材を避ける努力が大切だと思います。
また、不必要な医療被ばくも避けたいと思います。

この一例を参考にしつつ、いろいろなケースを試算して、少しでも現状がつかめて対策できるようになれば幸いかと思います。

■参考
放射線医学総合研究所 放射線被ばくに関する基礎知識 第6報
http://www.nirs.go.jp/index.shtml

放射性核種に対する実効線量係数(経口摂取、吸入摂取)
乳児、幼児、子供、大人(p4、p5の表)
http://www.nirs.go.jp/data/pdf/i14_j3.pdf
下記は大人の場合
http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/4_1.html

宮城県の農林畜産物及び水産物の放射能測定結果
http://www.pref.miyagi.jp/gentai/Press/PressH230315-3(sokutei).html

仙台市水道局の測定結果
http://www.suidou.city.sendai.jp/06_bousai/jisin61.html

東京都立産業技術研究センターの測定結果
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/whats-new/measurement.html

1 件のコメント:

  1. この計算でOkです。
    仙台は、3月中旬に短期間上昇しただけ。積分量としては通常年の1割増にもならない。無視可能。
    [by 東北大物理系の研究者(放射線は準専門。医療は専門外)]

    返信削除